こんにちは。

健康オタク 管理栄養士のさとぼーです!


食生活を見直す場合、まずは調味料を良いものにするのがお勧めです。

毎日使う食材を全て良いものに変える事が出来ればそれに越した事はありませんが、それだと食費が跳ね上がってしまい長続きしません。

そのため、まずは毎日使う調味料を厳選された材料で作られているもの添加物の入っていないものに変えるのが良いでしょう。


今回は、私がイチ押しの醤油である足立醸造株式会社さんの古代式天然醸造杉樽仕込み 国産有機醤油をご紹介します。



古代式天然醸造杉樽仕込み 国産有機醤油


IMG_20180516_084105

実際に使っている醤油なので、使用感があり過ぎの写真で申し訳ないです



一般的に売られている醤油の多くは、食品添加物などで味付けをされていたり、醸造期間が短かったりしますが、この醤油は『安心でおいしい、本物の醤油を作りたい!』という蔵主の熱い思いが込められています。


原料は2年以上、農薬・化学肥料を使用していない土壌で契約農家さんによって丹精込めて栽培(有機栽培)された大豆と小麦、赤穂の海水塩のみでできています。


そう、本当の醤油の材料はとてもシンプルなんです。
 

脱脂加工大豆、カラメル色素、アミノ酸などの調味料、合成甘味料、保存料などは必要ありません❗️
 

さらに、仕込水には奥播州の清流杉原川の伏流水を使用し、醸造には100年以上も使い込まれた木樽を用いて1年以上も天然醸造させています。

木樽は、醤油をつくってくれる酵母菌などの微生物にとって最高に心地よい環境であり、木桶で熟成させた醤油は塩のキツイしょっぱさが無くなり、まろやかになり、味わいは深く、色には美しい透明感が出ます。


また、商品がプラスチック容器(ペットボトル)ではなくてガラスの瓶に詰められているところもポイントです。
 

今のところペットボトルは安全性が高い容器だと言われていますが、有害な物質(原料として使われているテレフタル酸またはテレフタル酸ジメチル、あるいはエチレングリコール)が溶け出してしまう可能性はゼロではありません。

より体のことを考えるならばペットボトルに入ったものよりもガラス瓶の商品の方がお勧めです。


この醤油を使ってみると分かるのですが、旨みやコクがしっかりあるのに上品で、いつもの煮物がワンランクアップした味になり、お刺身も和え物も浅漬けだって美味しく食べられちゃいます。




世界に通用する品質と衛生管理の取り組み

足立醸造さんは、日本の有機JAS認定、アメリカ、EUの国際有機認定も取得している数少ない蔵元で、お客様に安心して食べて頂けるようにトレサビリティー、情報開示、衛生管理に努めています。



有機JAS認定蔵


農林水産省が定めた有機農産物加工食品のJAS規格(日本農林規格)に適合するものか、厳しい検査に合格したものだけに有機JAS認定マークの表示が許可されます。

さらに、アメリカ、EUなどの有機規格に準じ、製品の輸出もしているくらい世界的な品質の醤油なのです。

 

 

トレーザビリティ

トレーサビリティとは、蔵元から食卓まで安心が見えるシステムづくりのこと。

いつ、どこで、誰がつくったのか?肥料は?農薬は?といった疑問に応えられるよう、追跡可能なシステムづくりに努めています。

 

 

品質管理

定期的に製品の品質検査を外部に委託し実施し、使用している原材料の産地の視察なども行い、安心、安全に努めています。





楽天ふるさと納税でGet出来ちゃう

この「古代式天然醸造杉樽仕込み 国産有機醤油」を入手する手段としては、足立醸造さんの通販サイト(http://www.ada​�chi-jozo.co.jp/shop/)がありますが、個人的にお勧めなのは楽天ふるさと納税(https://item.rakuten.co.jp/f283657-taka/164/)です!


国産有機醤油2本に黒大豆しょうゆ1本の3本セットの商品で、価格は税抜き4,300なのですが、兵庫県 多可町に10,000円の寄付をすると返礼品としてもらえるのです。
 

ふるさと納税の返礼品の金額の目安は30%程度のものが多いのですが、この醤油は43とかなりお得です。


黒大豆しょうゆは有機ではあありませんが、原料は丹波黒大豆、小麦、食塩のみで長期熟成木樽づくりの醬油です。

味は、国産有機醤油に比べると優しい感じですが、しっかりとコクがあります。


是非、節税しながら体にも優しい醤油をGETしてみてください!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】164 国産有機醤油と黒大豆しょうゆ詰め合わせ
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/6/4時点)


<参考>

・足立醸造株式会社サイト(http://www.adachi-jozo.co.jp

・食品用プラスチック衛生学 単行本 厚生省環境衛生局食品化学課(著)