こんにちは。
健康オタク 管理栄養士のさとぼーです!

3人目を出産し、小学生3年生の長男、2歳の次男、新生児の長女の育児に奮闘しています!

今回は、新生児の脱皮についてまとめたいと思います。




新生児は脱皮する?!


実は、我が子はイグアナの娘です笑
(ちょっと古すぎて昭和生まれじゃないと通じないかな…)

産後数日後から脱皮が始まっております↓

IMG_9162
FullSizeRender

新生児の脱皮は、正式には「新生児落屑(しんせいじらくせつ)」と言います。

これは生理現象なので、剥けた皮の下の皮膚がキレイでただれていなければ、特に何もする必要はないと言われています。

初めて出産した人は驚かれるかもしれませんが、生後1ヶ月ほどになれば古い皮膚は全てむけてしまうので心配いりません。

しかし、強くこすったり無理に皮膚を剥がしてしまうと、下の新しい皮膚が炎症を起こしてしまう事があるため注意が必要です!





保湿クリームは必要?

長女が生後1週間ほどの時に小児科に先天性代謝異常の検査をしに行った時の事です。

先天性代謝異常の検査だけでなく娘の身体検査もしてくれたのですが、医師から以下のようなことを言われました。

こんなに皮膚が荒れていてはいけない!きちんと保湿クリームを塗りなさい。
食物アレルギーに注意が必要だよ。

そして、保湿クリームが処方されました。

確かに肌が荒れて炎症が起きているような場合には、その炎症部分から食物アレルゲンが体内に入って子どもが食物アレルギーになる事はあります。

しかし、肌荒れで受診しているわけでもないのに強制的に保湿クリームが処方される事に違和感を感じました。
 

医師の言葉は参考に、親自身が勉強をして子どもにとって何が良いのかを考えて責任持って行動する事が大切だな、と思います。